日刊 あおのうま Vol.1026(2013.09.08)【失敗ではない、学びを得たのだ。(と言っておく】

投稿者: | 2013/09/08

横浜 と 大阪

ノマド兼、春友流訪問の横浜思い付きツアーを終えて、大阪へ帰ってきました。

英気も養ったことですし__思ったより遠征ノマドの成果があがらず、煮詰まったとも言う__明日から頑張ろう。

帰阪!

だって結局ね、行き帰りの新幹線の車中が一番はかどったとゆー。orz

土地勘の無い場所でノマドろうとすると、放牧地にたどり着くまでに色々消耗しちゃうってのが、よ〜くわかりました。
最初から、もーちょっとマシなホテルを選んで缶詰になっておけば良かった。

 

家事 と 時間計測

ちゃんと継続しております。
お弁当作りの時間計測。

定番のおかずに関しては、かなり安定した所要時間で出来るようになっていることがわかりました。
ただ、自分の感覚とは誤差が大きかったわけですが。

実測する様になって、そこのギャップも是正されました。

あとはこれにどう妻を巻き込むかなんですけどね…。

生活リズムを整える上でも、家事の時間把握は必須。
二人でそれを共有出来るようになりたいのです。

妻は「家事の時間は一律じゃない!」とか「時間がどうかかろうと、やらなあかんことはどうせやらなあかん」とか言うのですが、私は「一律じゃないからこそ、最大・最小・最頻値ぐらいは把握しておかないと、行き当たりばったりから抜け出せないんじゃないの?」と思うのですよ。

「やらなあかんこと」も容量を把握しなければ、「やらなあかんかったのに」になるわけですし。

でも、そこを「納得して」付き合ってもらわないと意味が無いんですよね。

道のりは険しい。

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください