日刊 あおのうま Vol.60

投稿者: | 2011/01/14

鳥追い

こりゃあ どこの鳥追いだ
藤崎神社の鳥追いだ

尻切って
頭(かしら)切って
大俵(おおだわら)へ捻じ込んで

牛っこにつけて
猿っこに追わせて
佐渡ヶ島まで
ほーい、ほい、ほい

西から東へたつ鳥は
雄鶏、雌鶏、つんばくろ

名前は十三(じゅうさん)
目は七つ

隣のばしゃべ *01【ばしゃべ】早稲穂(わせぼ)の転訛から誤伝?それとも馬車辺?
鳥が三羽とまって

追うてもたたず
叩いてもたたず

たたずの鳥は

尻切って
頭切って
大俵へ捻じ込んで

牛っこにつけて
猿っこに追わせて

佐渡ヶ島まで
ほーい、ほい、ほい


以上、生まれ故郷の小正月神事、「鳥追い」の歌詞です。
こうして見ると、結構猟奇な歌詞ですね。

日をずらした帰省で、二十年ぶりくらいに、この「鳥追い」の神事を見る事が出来ました。

14歳以下の子供達が、集落内の家々をまわって、太鼓を叩きながら、この歌を歌い歩きます。
(子供の声は、魔を払うといわれるので、そのあたりが関係しているのかもしれません。)

歌い終わると、ご祝儀がもらえます。
家々を訪れる時に、「ごめんください」とは行きません。
玄関で太鼓を叩いて、開けてくれるのを待ちます。

私達の世代は、男の子だけの行事でしたが、最近は少子化が進んで、女の子も参加していました。

歌う歌詞も端折られちゃって、失伝直前でした。
歌詞は全て口伝なので、歌わないと失われちゃうのです。
(なので、今回アップした歌詞も正しいのか不明です。「私の覚えている歌詞」という事になります。)

今回、「最後まで歌えたら、ご祝儀5,000円追加!」と煽って、歌ってもらいました。

やはり歌詞の覚えが怪しかったので、少し助けましたが、これで「最後まで歌えれば、ご祝儀が増える(かもしれない)」と思ってくれれば良いなー。

ひと通り集落をまわった後、年長者は神社にお泊りするのですが、それも最近は無いみたいです。
(14歳という年齢から考えると、おそらく成人の行事でもあったのでしょう。これを頑張り切ったら、明日から大人というわけです。)

毎年、鳥追いのある日は天候が荒れるのですが、今年もみぞれっぽい雪でした。

頑張れ、子供達。
君達は明日からもう大人だよ。


脚注   [ + ]

01. 【ばしゃべ】早稲穂(わせぼ)の転訛から誤伝?それとも馬車辺?

日刊 あおのうま Vol.60」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 日刊 あおのうま Vol.2478(2018.01.14)【仕舞いの歌】 – 極上の人生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください