来た!見た!食った!春友流

投稿者: | 2013/09/07

来た!

ここか!

来た!

 

見た!

うまそう!

見た!

 

食った!

ごちそうさまでした。

うまかった!

 

妻の記事は正しいと確認できた

味のことは好みのある話。
まして@spring_friends さんは知り合いです。

知り合いフィルタがかかっている可能性というのは否定しません。

ただ、これだけは言わせて欲しい。

とにかく行って、食ってみてから、自分の舌で判断してくれ。

私は、妻の"毎日食べても飽きない、味噌汁のようなやさしいラーメン。" てのは正しいなと思いましたよ。

行ってきました!『らーめん春友流』 | 極上の人生


 

無化調に価値はない。無化調でやっていることに価値がある。

蛇足かもしれませんが、もう1つ言わせて下さい。

春友流は化学調味料無添加。
いわゆる「無化調」といわれるお店です。

ですが、無化調に価値はありません。
無化調でやっていることに価値があるんです。

化学調味料ってのは偉大で、それをブチ込めば誰でも簡単に強烈な旨みを出すことができます。
何なら、買ってから10日ぐらい経ったふる〜い卵で目玉焼き作って、それに味の素3回ぐらいふって食べてみて下さい。
すげー旨いはずですから。

__話がそれました__

とにかく、化学調味料ってのは腕や工夫や鍛錬に関係なく、誰でも手軽に美味しくできるんです。
それはまさに「魔法の粉」と言っても良いでしょう。

ですが、それは誰のための魔法でしょうか?

そうです。
お店が楽するための魔法です。

家事に追われるご家庭のお母さんが味の素を使うのは「あり」です。
ですが、味で勝負するお店がそれをやるのは、とても残念なことだと思うのです。

だって、化学調味料に頼ってできあがるのは、どこでも食える味なのですから。
(最近、実家の地域でも漬物に味の素使う家が増えて、つまんなくなりました。)

春友流はその魔法を使いません。

別に無化調をお題目にしていたわけじゃなくて「そうしなくても味がだせるから」だそうです。

私は、これこそが価値だと思います。

味は好みの話かもしれません。
ですが、それ以前に春友流には一杯に対する真剣味があると思うのです。

どうかそれを自分の舌で確かめに行ってみて下さい。

 

お店情報

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください