日刊 あおのうま Vol.1509(2015.05.14)【方円の器に従う】

投稿者: | 2015/05/14

心理 と 論理

フレームワークを使っているにも関わらず、そのフレームワークのスタイルから外れたやり方を選びたくなる時があります。
しかし、それはフレームワークを使う意味を失いかねない行為なんですよね。

例えるなら、電子レンジクッキングの本を見ながら、電子レンジ使わずに料理しようとする様なもの。

それが気に入ろうが気に入るまいが「使う」と決めたからには、まず従う。
そして、それでやはり譲れない部分が出てくる様なら、そこで初めてアレンジを加える。

何言っていやがる、フレームワークを使うって事はそういうことだろう、と言われそうな話なのですが、つい途中で気に入らない部分があると、その場でフレームワーク流から外れたくなってしまうんですよね。

目的を見失わなければ、もっと自在でいられるはずなのですが。
まだまだです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください