Reeder for iPhone/iPad からEvernoteへ(ほぼ)直接に記事をクリップする方法

投稿者: | 2011/08/12

瞬殺(2011.08.12 06:32 追記)

2011.08.12の深夜01:00過ぎにアップしたこの記事ですが、
2011.08.12の早朝06:32現在、AppStoreにReeder fot iPhone/iPadのアップデートが…。

ええ、どちらもEvernoteに対応開始ですよ。

まあ、Mac版が対応したんだから、早晩来るとは覚悟していましたけれどねー。
わずか5時間で瞬殺。orz

@suito1942 さんのツイートが無ければ、たぶん晩まで気づかんかった。
ありがとうございます。

そうですよね。
選択肢はあっても悪くないですよね。
Evernote以外にもメール連携の機能を持つサービスは色々ありますし。(涙目)

さて、そんなわけですが「まぁ、せっかく書いたんだし読んでやってもいいよ」
というありがたい方は、以下をお読み下さい。
嬉し泣きます。

Reeder for MacにEvernote連携が追加されました…が

先日の記事でReeder for MacにEvernote連携機能が追加されたことを紹介しました。

これでMacのRSSリーダーとしては、もはや死角なしと言っても良いReederですが、
Mac以外の部分で少し残念な部分が残っています。

Reeder for iPhone/iPad には、まだみたい

それは、iPhone版、iPad版のReederでは、
Evernote連携がまだ実装されていないことです。

実は方法がないわけではありません

とは言え、方法が全くないわけではありません。

Reeder for iPhone/iPad から、Evernoteへ(ほぼ)直接にRSS記事をクリップする。
今回は、そんな方法をご紹介。

Emailポストの機能を使う

さて、具体的な方法ですが、ReederにあるEmailポストの機能を利用します。

設定手順

以下がReederへの設定の流れと手順です。
iPhoneの画面を使って説明していますが、iPadでもだいたい同じ内容です。

設定の流れ

  1. iPhone/iPad の「設定」画面を開く
  2. Reederの設定画面を開く
  3. Accountsの項目を開く
  4. Evernote用のEmailアドレスを設定
  5. 設定完了

1.iPhone/iPad の「設定」画面を開く

まず、iPhone/iPadの「設定」画面を開きます。

設定画面を開く

「設定」画面を下にスクロールさせると、Reederの設定呼び出しが見つかります。

Reederの設定項目を探す

2.Reederの設定画面を開く

Reederの設定呼び出しを押して、設定画面を開きます。

Reederの設定画面を呼び出す

3.Accountsの項目を開く

設定画面の「Accounts」項目を開きます。

【注意!】「Email」と言う項目がありますが、これは違います。「Accounts」項目を開く

4.Evernote用のEmailアドレスを設定

「Accounts」設定の画面を下にスクロールさせると、
一番下に「Default Address」の項目があります。
そこにEvernoteポスト用Emailアドレスを入力します。

ずいーっと下にスクロール
 ↓
一番下にあるDefault address を探す
 ↓
EvernoteのEmailアドレスを設定する

5.設定完了

以上で、ReederのEvernoteクリップ用設定は完了です。

(参考:Evernoteポスト用Emailアドレスの調べ方)

Evernoteポスト用Emailアドレスは、
EvernoteのiPhoneアプリなら、以下の手順で調べることが可能です。

  1. Evernote公式アプリを開く
  2. 画面を「全てのノート」に切り替える
  3. 画面左上の「設定」ボタンを押す
  4. 設定画面の「Evernoteのメールアドレス」をメモ

クリップ手順

さて、設定が済みましたので、実際にクリップを行う手順です。

クリップしたい記事を開く

Reeder for iPhone/iPad でクリップしたい記事を開きます。

クリップしたい記事を開く

連携サービスメニューを開く

画面右下にあるボタンを押すと、連携サービスメニューが開きます。

画面右下のボタンでメニューを開く

Mail Articleを押す

連携サービスメニューの中の「Mail Article」を押します。

Mail Articleを押す

クリップメールを送信

クリップ記事のEmail画面が開くので、そのまま「送信」でクリップ完了です。
メール送信によるクリップですので、自分のひとことを書き添えてのクリップも可能です。

メール送信すればクリップOK

EvernoteのInboxにクリップされていることを確認

実際にEvernoteのInboxにクリップされていることを確認してみましょう。

ちゃんと記事がクリップされています。

クリップ完了

以上で実際のクリップ手順は完了です。

中間にEmailを挟んでいるとは言え、ほぼEvernoteに直行のクリップが可能になりました。

Reeder for iPhone/iPad にEvernote連携機能が追加されるまでは、
こんな感じでいかがでしょうか?

 
 

今回の参考記事とアプリ

知っていた?Reeder for Mac にEvernote連携が追加!! | 極上の人生

Reeder 1.1.1(¥850)App
カテゴリ: ニュース
販売元: Silvio Rizzi – Silvio Rizzi(サイズ: 2.8 MB)
全てのバージョンの評価: (110件の評価)

Reeder 2.5(¥250)App
カテゴリ: ニュース
販売元: Silvio Rizzi – Silvio Rizzi(サイズ: 2.6 MB)
全てのバージョンの評価: (596件の評価)

Reeder for iPad 1.5(¥450)App
カテゴリ: ニュース
販売元: Silvio Rizzi – Silvio Rizzi(サイズ: 2.4 MB)
全てのバージョンの評価: (282件の評価)

Evernote 2.3.0(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Evernote – Evernote(サイズ: 14 MB)
全てのバージョンの評価: (232件の評価)


 
 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください