そのKindle版を買う前に

投稿者: | 2013/04/05

Kindle いちばん!

皆さん、Kindle 使っていますか?

私は最近、本ははなるべく電子書籍で買う様にしています。
そして、今のところKindleでの購入が一番多いですね。

 

だって、寄らば大樹の陰

Kindle をメインに据える理由は色々とあるのですが、ぶっちゃけた理由は「運営の資本のデカさ」です。

利用者としてはとても残念なのですが、電子書籍配信各社はどこも囲い込み体制の確立に必死です。
無論、Kindle も例外ではありません。

どうせどこも囲い込みを仕掛けてくるなら、寄らば大樹の陰。
天下獲りそうなところにチップを張るという、とてもイヤラシい選択なわけです。

 

よく買うのはマンガ、次に技術書とビジネス書

さて、私が購入する電子書籍の内訳ですが、冊数金額ともにマンガがトップです。
不惑のおっさんが恥ずかしい限りですが、好きなので仕方ない。

で、次によく購入するのが、コンピュータ関連の技術書と、ビジネス書。
こちらは冊数こそマンガに及びませんが、金額的には単価が高いので2位につけます。

そして3位は小説といったところでしょうか。

私のiPad mini の中には、ざっと100冊以上の本が収まっている状態です。

 

なんで電子書籍リーダーって、あんなに使い辛いの?

場所も取らず、端末さえあればどこでも本棚まるごと持ち歩ける電子書籍。
とても便利なのですが、正直なところ配信形式には不満だらけです。

特に電子書籍リーダーと呼ばれるソフトウェア。
Kindleはじめ、どこも大変使い辛い。

書籍の並び、検索、購入、…etc.
使ってみると実感するのですが、細かい使い勝手の悪さが、とても気になるのです。

 

群を抜いてお気に入りな電子書籍リーダーがあります

この、どんぐりの背比べ状態な電子書籍リーダー群にあって、圧倒的にお勧めなのが、iOS向けにリリースされているi文庫S とi文庫HD です。

特にiPad mini で使うi文庫HD は、他の電子書籍リーダーアプリの追随を許しません。

凄く目を引く機能があるわけではないのですが、全てにおいて練られています。
前段で「細かい使い勝手の悪さ」を気にしましたが、このアプリでは、それが殆ど無いのです。

i文庫HD App
カテゴリ: ブック
価格: ¥800

 
i文庫S App
カテゴリ: ブック
価格: ¥350

 

これでi文庫 for Mac が出たら文句なしなんですけどね。

 

PDFならi文庫HDで読めるのに…

そんな素晴らしいi文庫シリーズですが、残念ながらKindle本は読めません。

Appleの制限や、先に述べた電子書籍配信各社の囲い込み戦略もあって、Kindle公式アプリ以外はiOSでKindle本を扱えないのです。

PDF形式のファイルならi文庫HDで快適に読めるのに。

 

技術系書やビジネス書なんかはPDF版がある可能性大

では、せっかく素晴らしい電子書籍リーダーがあるのに、iPad mini の液晶を涙で濡らすしかないのでしょうか?
このまま、細かい不満を抱えたまま電子書籍を利用するしかないのでしょうか?

実は、限定的ですが、救いはあります。

技術書やビジネス書などは、PDF版をリリースしてくれている電子書籍配信サービスがあるのです。

(注:マンガや小説については、私が寡聞にして知らないだけです。情報あれば、ぜひ下さい。)

 

Kindle版よりPDF版を買って欲しい

Kindle は確かに便利です。
品揃えも圧倒的。
ブログでの書籍紹介も大概がAmazon そしてKindle です。

しかし、Kindle版の電子書籍はKindle でしか読めません。

PDF版であれば、i文庫シリーズは言わずもがな、PCでも、他のスマホでも、それこそKindleでも、PDFファイルを読めるソフトがあれば、どこでも読めるのです。

これこそ電子書籍の理想形。
BORA(Buy at Once, Read Anywhere 〜買うのは1度、読むのはどこでも〜)なのです。

おそらくKindle は電子書籍の天下を獲るでしょう。
いや、もう天下を獲っていると言っても過言ではないかもしれません。

しかし、だからといってPDF出版の道を閉ざしてしまうと、本当に我々が望む電子書籍の姿は大きく遠のきます。

ですから、Kindle版の本を買うその前に、PDF版は出ていないかな?出ないかな?と探してみて下さい。
そして、もしPDF版を見つけたならば、Kindle版よりも、そちらを購入することをお勧めします。

PDF版であれば、例え配信サービスが終了しても、手元にダウンロードしたPDFファイルは残ります。
これはKindleはじめ囲い込み形式を採用している電子書籍配信サービスには無い、大きな利点です。

ある日突然、配信業者が「儲からないので、お店たたみます」と言い出しても、あなたの手元には買った本がPDFファイルとして残せるのです。

 

出版社さん合同でアフィリエイトとマーケットを組めないもんですかね?

そんなわけで、現状Kindleが圧倒的に有利な電子書籍配信ですが、PDF形式での出版に滅んでしまわれるのは本当に困ります。

そこで、ちょっとした提案というか夢想というか妄想です。

PDFの電子書籍出版各社の合同で、統一マーケットとアフィリエイトプログラムを組めないもんですかね?

システム投資と運営のコストも圧縮できますし、アフィリエイトがあれば、ブロガーさん達がこぞって商品(書籍)を紹介してくれます。

さらにマーケットのAPIを公開すれば、在野の開発者さん達もこぞってマーケットアプリやリーダーアプリを開発してくれるでしょう。

囲い込みに躍起になって、黒船Kindle に押し潰されるより、PDFの利便性と所有性の高さを売りに、オープンなマーケットを構築する方が、ずっと良いと思うのですが。

 

願うはただBORA(Buy at Once, Read Anywhere 〜買うのは1度、読むのはどこでも〜)のみ

ながながと書き散らしましたが、私が望むことはただ1つ。
BORA(Buy at Once, Read Anywhere 〜買うのは1度、読むのはどこでも〜)の実現のみです。

配信業者の囲い込み戦略に踊らされるのは、もう嫌なんです。

PDF版の配信は、現状唯一、この「BORA」へと至る道です。
ですから、皆さんもKindle はじめとする電子書籍を購入する前に、PDF版はないかな?と調べてみて下さい。

ちょっとしたひと手間ですが、それがより良い電子書籍環境を呼び寄せてくれるかもしれません。

 

おまけ:私がPDF版を探す電子書籍配信サービス

おまけに、私がPDF版の電子書籍を探すのに利用している配信サービスです。
かなりコンピュータ関連書籍に偏っておりますが、ご参考まで。

これ以外にも、お勧めや、漏れ欠けがあれば、Twitter(@uma_blue )かコメント欄で教えて下さると有り難いです。
追記して行きたいと考えております。

 

O’Reilly Japan Ebook Store

O’Reilly Japan Ebook Store


 

Impress Japan

Impress Japan


 

BOOKPUB

電子書籍ファンのための出版社直営電子書籍モール「ブックパブ」


 

シゴタノ!

シゴタノ! 10分で読めるビジネスコミック。PDFで9/25(土)発売


 

ブクログのパブー

ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム


他にも「ここは?」とかありましたら、私(@uma_blue )宛にどんどん連絡下さい。
私の購入傾向的にPC関連系が多めですが、マンガとか小説とか図鑑とか画集とか写真集とか、PDF版を配信してくれているサービスであれば、どこでもOKです。

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です