日刊 あおのうま Vol.676(2012.09.23)- iPhone5 の操作感について諸々雑感 –

投稿者: | 2012/09/23

 

iPhone5 と お出かけ

本日はiPhone5 を連れて初のお出かけ。
と言っても、梅田に出る用事があったので、ついでに大丸のスタバでノマドしただけですが。

道中、同じ様にiPhone5 を持った人がいないかな?と、なんとなく目を配ってみましたが、結局見かけることはできませんでした。
行き渡るのは、まだ先になるのかな。

 

違和感 と 慣れ

少し画面が縦に広くなったiPhone5ですが、やはり違和感はあります。

例えば画面下部の操作ミス。
iPhone5に未対応のアプリの場合、画面の上下に余白ができます。
これのせいで、どうも操作ミスが発生してしまうのです。

どうやら片手持ちの場合、親指付け根を起点に位置を感覚的に記憶しているらしく、
その感覚と実際の画面エリアのズレが操作ミスの原因になっている様です。

ただ、これは結局「慣れ」の問題で、早晩気にならなくなってしまうでしょう。
逆を言えば、今のこの時期にしか得られない違和感です。
操作感に対する貴重なメモとして残しておこうと思います。

 

共通操作 と 新しい操作ジェスチャー

同じくiPhone5 の操作感について。

画面が縦に長くなった分、困ったことが1つ。

iPhoneで__慣例的ではありますが__アプリを問わずの共通操作に、
“ステータスバーをダブルタップすると、画面最上部に一気にスクロールする”
というのがあります。

しかしiPhone5を片手操作する場合、この操作が非常にやり辛い。
無理に操作しようとすると、iPhone5 を取り落としそうになります。

これは純粋に指の届く物理的な範囲の問題ですので、画面余白による操作感の違いと異なり、慣れでカバーは難しい問題です。
ですから、ステータスバーのダブルタップに変わる新しい操作ジェスチャーを開発者は用意した方がよさそうです。

個人的にはシェイクが良いと思うのですが、これは既に入力キャンセルが基本で割り当てられています。
次点は、ナビゲーションバーを画面下部に設置して、そこをステータスバーの代わりにダブルタップですかねー。

何にせよ、この課題についてはAppleから公式の推奨操作をアナウンスしてくれると嬉しいのですが。
外人さんは手が大きそうなので、困らないんですかね。

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です