さくらインターネットのスタンダードプランにRuby 2.1.5をインストールしたけれど、ひと晩で1.8.7 に戻っていて慌てた件

投稿者: | 2014/12/31

あれ?夢だった?

昨晩、さくらインターネットのレンタルサーバー(スタンダードプラン)にRuby 2.1.5をインストールする事に成功し、充実感と共に眠りに就いたわけですが、ひと晩明けてruby -v して確認してみると、なんと1.8.7 に戻っているではありませんか。

なんという事でしょう。
あれは夢だったんでしょうか。

しかし、vi $HOME/.bashrc してみると、昨晩作った.bashrc ファイルはちゃんとあるし、シェルもbash のままです。
夢じゃない。

 

.bash_profile にsource 指定を書いておこうね

正直「どーゆーこと?」と困り果てておりましたが、@nkunijp さんが情報を与えてくれました。

えー、.bash_profile ファイルなんぞ作ってもいませんでした。
お恥ずかしい。

vi ~/.bash_profile して.bash_profile ファイルを作成してから、以下を書き込んで保存。
シェルからログアウトして、再起動、source ~/.bashrc で今度は常時ruby -v しても2.1.5 が返ってくる様になりました。

source ~/.bashrc

 

.bash_profile て何よ?

で、.bash_profile て何なん?という話ですが、調べてみたところ、bash 実行時に自動で読み込まれる設定ファイルみたいです。
そこに「source ~/.bashrc」と書いておくことで、昨晩作成したbash の環境変数PATH指定が読み込まれて有効になるわけですね。
知らなんだ。


ともあれ@nkunijp さん、ご教示ありがとうございます。

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください