EvernoteによるSkitchの買収と無料化に思ったこと

By | 2011/08/19

あのEvernoteが、あのSkitchを買収。そして無料配布。

先のエントリーでも紹介しましたが、EvernoteがSkitchを買収しました。
そして、それまで1,700円で販売されていたアプリをMac AppStoreで無料配布中です。

今回は、そのEvernoteによるSkitch買収について私が思ったことをつらつらと書いてみようと思います。

Skitch 1.0.7(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, グラフィック&デザイン
販売元: Skitch – Skitch Inc(サイズ: 5 MB)
全てのバージョンの評価: (1件の評価)


 
あのSkitch(1,700円)が無料!! Evernoteありがとう!! | 極上の人生

 

Evernoteは現在大きなイベント中

Etc

Evernoteは2011.08.19現在、Evernote Teunk Conference(略称:ETC)を開催中。

今回のSkitch買収による無料化も、このイベント中の1つのサプライズ・プレゼントですね!!
__これは私の勝手な感想です。__

あの@mehori さんやFastEverシリーズの@frnk さんなども参加されている模様。
気になる人はTwitterで #evernote_etc と #evernote_etcJP のタグをチェックです。

ETCカンファレンス | Evernote Corporation

 

次はSkitchへのEvernote連携機能搭載か?

こうなると、やはり誰もが想像するのはSkitchとEvernoteの機能連携でしょう。

現段階(2011.08.19)では、まだその機能は見当たりません。
が、これは時間の問題。

Skitchと言うスクリーンキャプチャアプリの大定番を得た以上、これを連携させない理由はないからです。

 

さらに妄想するならば画像ストア機能の提供

そして、単純にSkitchがキャプチャした画像をEvernoteにクリップするだけなら、さしたる魅力にはなりません。
根拠のない予想ですが、Evernoteはブログ用の画像ストア機能も提供してくれるのではないかと考えています。

ちなみに、この分野ではFlickerが有名ですね。
しかし、EvernoteはFlickerの”それ”とは一線を画したサービスになると予想します。

Flickerの様に画像自体へのアクセス解析や高度な共有機能を有する方向ではなく、あくまでブログ等のアウトプットを助ける”インフラ”としての画像ストア機能を目指すのではないでしょうか。

Welcome to Flickr – Photo Sharing

 

出力に目覚めるゾウ

個人的に、ずーっと感じてきた事ですが、Evernoteは出力に弱い印象があります。

インプットはWebクリップやFastEverシリーズをはじめ、多くの素晴らしいサードパーティに支えられています。

しかし、アウトプットはEvernote自体の機能・性能充実が必要です。
何故なら、インプットよりもアウトプットの方がはるかに多様性を持って行われるからです。

細かい体裁や手法的な部分は、インプットと同様にサードパーティがこれまで以上に活躍するでしょう。
__それらはインフラであるEvernoteが担うべき部分でもありません。__

しかし、出力のベースとなる機能については、話が別です。
これはサードパーティにはどうすることも出来ません。
Evernote自身の機能構成や出力APIの問題になってくるからです。
__少し小難しい物言いになりましたが、データを出すための”しくみ”と考えて下さい__

私には、今回のSkitch買収と無料配布が、Evernoteの出力への目覚めに見えます。
そして、先日@mehori さんが公開されていた大変興味深いエントリーへの回答の1つではないかと考えています。

Evernoteが”クラウドサービス”として本来の姿に立ち帰ろうとするとき。
つまり、膨大なデータの大半をネット上のみに預ける形をとった時。
ユーザーが自身の記録した画像をよりシームレスに出力したいという欲求が必ず出てくるはず。
その時、flickerの様にリンク1つで画像を自由にブログに張り出せる。
そんな機能がきっと求められます。

そう考えれば、Evernoteが画像ストアとしての機能提供を始める可能性はとても高いと思うのですが、どうでしょうか。

象は羽ばたけるか。Evernoteの未来への漠然とした不安と期待 | Lifehacking.jp

 

おまけ:Skitch for Windows も期待できる?

私はつい最近になってMacに転んだ元Windowsユーザーです。
仕事では未だWindowsを利用しています。

そんな時、しょっちゅう思うのが”SkitchのWindows版ほしーなー。”です。

これまでSKitchライクとされるWindowsソフトを幾つか使ってきました。
しかし、残念ながらSkitchに比肩すると言えるソフトには、まだ出会えていません。

Evernoteはマルチプラットフォームなインフラサービスです。
複数プラットフォームでの開発ノウハウも随分と蓄積されていることでしょう。
そのEvernoteがMacという限定されたプラットフォーム上でのみ動くアプリで満足するとは思えません。

上手く行けばSkitch for Windowsのリリース。
それが駄目でもSkitchライクでSkitchに比肩するソフトの用意があるのではないかと期待しています。

 

“我ながら、単なるスクリーンキャプチャアプリの買収・無料配布で、よくぞここまで夢想できるものだ”
と、ちょっと呆れ気味。

 
 


追記:2011.08.18 10:00

今回のSkitch買収と無料配布の背景。
そして今後の展望についてのEvernoteからの発表がこちらにありました。

Evernote が Skitch を買収 #evernote_etc « Evernote日本語版ブログ

 

ちなみに、情報源はこちら。

さすが@tobu1 さん。
しっかりとしたニュースソースを押さえていらっしゃいます。

ありがとうございます。

画像編集共有サービス『Skitch』が、Evernoteにより買収。Mac App Storeで無料化! | トブ iPhone

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です