日刊 あおのうま Vol.1558(2015.07.04)【まだ諦めていない】

投稿者: | 2015/07/04

TOUGHBOOK と お風呂

もう何回この話題を出したか憶えちゃいませんが、お風呂でプログラミングしたいんです、私。
夏場の休日とか水風呂に浸かってポチポチやれたらいーなーと思い続けて、はや何年でしょうか。

当然Mac が理想なわけですが、最近はお仕事でLinux やらも使い始めて、Linux マシンもいーなーとか考え始めております。
え?Windows ですか?うーん、ごめんなさい、あまり心惹かれないんです。
何故なんでしょね?

まあ、職場と同じだと考えればWindows でもええんですが。
VirtualBox とRLogin とRubyMine 入れちゃえば一緒だもんな。

と、ここまで考えて思い出したのがこちら。
Panasonic のTOUGHBOOK です。

製造業で現場用のパソコンを選定する際に、防塵防水耐油ってあたりで見かける機種です。
とにかく頑丈な事が売りで、防水どころか水没しても大丈夫という、その名の通りタフなマシン。

ただ、新品購入だと30万円オーバーと高価な事と、一般販売はしていないので店頭で実機を触って確かめられない事で二の足を踏んじゃうんですよ。

ところが、思い立ってAmazon で中古品を探すと、驚いたことに3万円前後での出品が結構あるんです。*01まあ、それだけに怖くもあるんですが。
3万円なら、試してみてもええかなーと考えちゃいますよね。

しかし残念なのが、そのスペック。
メモリ2GBのCore2Duo では、さすがに仮想マシンは動かすの厳しそう。
OSからLinux に換装という手段も考えないでもありませんが、特殊な機種だけにドライバが揃うかどうか不安…。

で、結局今回も見送るのでした。

脚注   [ + ]

01. まあ、それだけに怖くもあるんですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください