日刊 あおのうま Vol.834(2013.02.28)【没頭できる日常 、それはそれで幸福なのですが。】

投稿者: | 2013/02/28

日常 と 感性

今週は本業の比重が比較的大きい1週間でした。
幸い、何とか期限内に目鼻が付きそうな見通しです。

で、その状況を過ごして気付いたことが1つ。
日常が仕事で塗り潰されると、他のことに対する感性というか感度が著しく低下しますね。

仕事に没頭する。 *01【仕事に没頭する】没頭しているにしてはツイート数多いよね。とかいうツッコみはスルーします。
それはそれで望ましいことではあります。
しかし、その間も人生の砂時計の砂はどんどんとこぼれ落ちているわけで。

仕事単色の日常に埋没せず、もっと思考や行動の幅と深みを確保したいものです。 *02【仕事単色の日常に埋没せず】埋没どころか、より深く1つのことに没頭することで得られるものもあるわけですが、個人を取り巻く環境がこれだけめまぐるしく変化する昨今、最低でも2極の軸は持っておきたいところではないでしょうか。

2013年も気がつけば2ヶ月が過ぎ去ってしまいました。

明日から3月。
日常を過ごしながらも、もう少し上手に、感性を鈍磨させない工夫を。

対症療法的にでなく、構造的に。

 



 

脚注   [ + ]

01. 【仕事に没頭する】没頭しているにしてはツイート数多いよね。とかいうツッコみはスルーします。
02. 【仕事単色の日常に埋没せず】埋没どころか、より深く1つのことに没頭することで得られるものもあるわけですが、個人を取り巻く環境がこれだけめまぐるしく変化する昨今、最低でも2極の軸は持っておきたいところではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください