AmazonHtml をChrome 対応させてみたよ

投稿者: | 2012/05/17

AmazonHtml

AmazonHtml という@matubiz さん作成の素敵ブクマがあります。

Amazonの商品リンクを簡単に生成してくれるというブクマで、
@hiro45jp さんのAppHtmlから智の連鎖で生まれた素晴らしいブクマです。

 
アマゾン商品紹介用ブックマークレット「AmazonHtml」復活。Ver 2.0へ! | matuダイアリー

 
【近況】Bookmarkletを見直してます…。 | 普通のサラリーマンのiPhone日記

 

今のところChrome非対応

ただ、とても残念ながらChromeには非対応です。

AppHtmlが生成するHTMLがChromeの文字数制限をオーバーしてしまうからです。

商品候補はちゃんと表示されるのですが、最後のHTML生成「Result」が空のままなのです。

Resultsが空っぽ 

 

対応させてみた

こんなに便利なブクマがChrome で使えないのは悲しい。
と言うことで、ちょこっといじって対応させてみました。

やっつけなので[HTML選択]などのボタンはありません。
ですが、とりあえずHTMLを取得することは可能です。

テキストエリアが作成され、中にHTMLが出力されます。

 

改造方法

Chromeの制限に引っ掛かる部分を、以下の内容に書き換えます。

登録したブクマのソースコード末尾ちょっと手前に、以下の様な部分があります。

if(x)var r=prompt('Results.',x);

 
 

2012.05.18 追記

AmazonHtml2.0 には「ダイレクトモード」と呼ばれるAmazonページから直でHTMLを生成する機能があるのですが、その部分もソースコードの差し替えが必要です。

具体的には、先に挙げたif(x)var … で始まる部分の更に手前。

この部分です。

var r = prompt('Results.', x);

上記の部分も同様に以下の内容で書き換えます。

 

それを以下の内容に書き換えます。

コピー&ペーストで差し替えてしまいましょう。

if (x) { 
    var textarea = document.createElement('textarea'); 
    textarea.setAttribute('style', 
        'position:fixed; 
              top:0px; 
             left:0px; 
          opacity:0.6; 
            width:100%; 
           height:20%'); 
    textarea.value = x; 
    document.body.appendChild(textarea); 
}

 

出来上がりはこんな感じ

出来上がりはこんな感じです。

 

David Flanagan
オライリー・ジャパン 2007-08-14
¥ 4,410

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください