Macのトラックパッドはタップで操作がいいよね!

投稿者: | 2010/10/23

半ば勢いで買ってしまった 新 MacBook Air 13インチモデルですが、大変快適に使えております。
やはり画面が広いと言うのはいいですね。

まあ、11インチモデルのスタイリッシュさにも、かなり胸きゅんなのですが。

で、旧モデルからの移行も「移行アシスタント」という素晴らしい機能のお陰で、一晩寝たら終わっていました。
小人さんみたいですね。
途中で承認やらディスクを入れ替えろやら全く言われなかったので、開始したら完全放置でOKです。
変に気を利かせて、いちいち確認してくる某世界No.1シェアを誇るOSに見せてやりたい。 *01 仕事の関係で、かなりの台数をセットアップしてきたので、本当にこれは感じました。

ただ、やはり完璧とは行きませんで、幾つかの項目は自分で設定し直す必要がありました。
その中のひとつが、トラックパッドのタップ有効化です。

Macのトラックパッドはタップで操作が可能です。 *02 「Macの」と言うか「MacBook Airの」です。他の機種、しらないので。
一本指でタップすると決定(あるいは選択)、二本指でタップするとコンテキストメニュー *03 Windowsで通称「右クリックメニュー」と呼ばれているやつです。 が可能なのですが、初期設定では、どうやらこれが無効になっている模様。
今回のMacBook Air では、パッド全体がクリックボタンになっていた事もあり、「あ、仕様変更!?タップ操作なくなった!?」と、かなり取り乱してしまいました。
恥ずかしい。

しかし、これは設定の問題で、以下の操作で簡単に有効化できました。
1)アップルメニューを開く。

2)「システム環境設定」を開く。

3)”ハードウェア” の「トラックパッド」を開く。

4)”1本指での操作” の「タップでクリック」のチェックをオンにする。

5)終了

これで、快適なトラックパッド操作が可能になりました。

取り乱したツイートを目にされた方、お恥ずかしいところをお見せしました。

脚注   [ + ]

01. 仕事の関係で、かなりの台数をセットアップしてきたので、本当にこれは感じました。
02. 「Macの」と言うか「MacBook Airの」です。他の機種、しらないので。
03. Windowsで通称「右クリックメニュー」と呼ばれているやつです。
カテゴリー: Tips

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です