日刊 あおのうま Vol.2479(2018.01.15)【どこから手を付けたものか】

投稿者: | 2018/01/15

タスク と バッファ

仕事のお話。
つまり、愚痴の垂れ流しです。

どうにか過去実績から見積もったタスクスケジュールを以て、炎上確定プロジェクトの納期調整をもぎ取りました。
が、それでも、それでも驚くべきことにスケジュールバッファは「ゼロ」です。

もう1度言います。
スケジュールバッファが「ゼロ」です。

そして、更に恐ろしいことに、その点について上司からのツッコミは無し。
むしろ当初想定(予定とは言いたくない)の内にはとても終わらぬという見通しがご不満な模様。

とは言え、このまま進めば間違いなく「結局は時間が足りない」という事態に陥るのは自明。
ここから更にバッファの必要性を上司に説きつつ、チームメンバーには少しでも前倒しでタスクを進めてバッファを確保する事の重要性も理解させねばなりません。

自分が独りで担当する親会社案件を並行で進めながら…。

プレイングマネージャーなんて言葉を考えたアホのケツを蹴っ飛ばしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です