日刊 あおのうま Vol.1244(2014.06.24)【ブログで政治ネタはタブーだそうですが、そんな事ぁ知ったこっちゃねえ】

投稿者: | 2014/06/24

セクシャルハラスメント と 野次

都議会でのセクハラ野次で世間は喧しいですが、私個人としてはセクハラの部分より野次の部分に以前から不満があります。

小学生の頃から不思議だったんですよね。

何で国の大事なことを決める会議で、こんなに口汚い罵り合いばかりが目に付くんだろうと。

児童会で小学生がする会議の方がなんぼもマシなんじゃないかと思った記憶があります。

大人になってから、その思いは一層強くなるばかり。

だって今は税金収めていますから。

地方議会にしろ国会にしろ、税金から議員報酬をもらっている人達が、あんなしょーもないグダグダの集まりで仕事した気になっているのかと思うと、腹立たしくて仕方ない。

これを機会に「会議」というものは何を目的として、どう運営されるのが良いのか、最初から見なおして頂きたいものです。

仕事やっている人達はみんなやっているんだから。
「無駄な会議をなくそう!」ってね。

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください