日刊 あおのうま Vol.1239(2014.04.10)【そこに喜びがあり畏怖がある】

投稿者: | 2014/04/10

縛り と 張り

note.mu に地味にはまっています。

理由は単純で、楽しいからです。

実は自身の中のコンテンツを探るという目的から、全ての記事に100円の値札を付けることにしておりまして。
全文公開の状態で、気が向いたら100円を支払って下さいという「投げ銭スタイル」をとっております。

ブログでは、この日刊の様に益体もないことを好き勝手に書き散らかしておりますが、note.mu の方は「100円」という値札を付ける以上、実際に支払われるか否かはおいても、何とかして自分の中からコンテンツを絞り出そうとする心理が働きます。

これが今のところ心地よい。

「必ず100円の値札を付ける」という縛りが、「ならば相応のものを目指さねば」という張りになっています。

それにしても、100円ってこんなに重かったんですね。
払って下さった方達に心からの感謝を。


 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください