日刊 あおのうま Vol.1186(2014.02.15)【で、どうするの?どうしたいの?】

投稿者: | 2014/02/15

執念 と 価値

その行動は己が決める。
その価値は周囲が決める。

自分ではわからないことも、周りが見てくれている。
周りがどう言おうと、自分で譲れない何かに殉ずる。

一見すると相反する様に見えるけれど、成立する。
というより、両者のバランスするところに、それは現れるのかもしれない。

 

人の行く裏 と 花の道

SNSによるバズりが全盛のいま、その瞬発力、爆発力ではなく、積み重ねる信用と誠実さにシフトする。
それは回り道かもしれないけれど、様々なものを得ることができる花の道なのかもしれない。

Google 1点張りではないスタイル。
それは畢竟、信じるところを貫くことで評価を得るという、セルフ・ブランディングに行き着く。

環境と選択が進化のカタチを定義する。
面白い。

 

ネット と リアル

「食」をテーマにすると、着地点はリアルに設定される。

ネットの先には必ず現実がつながっている。
「食」というのは、そのことを非常によく表している題材。

 

成果 と 生活

なにごとにつけ、本当の成果というものは、相手の生活に踏み込めてなんぼ。

 

主観 と 客観

バランスさせ得るのは、当人の良心。
それに対して、どれだけ誠実であれるか。

 

やり方 と 考え方

墨守すべきは考え方。

やり方は入れ物。
そこに込められている真意を得なければ、ものごとに対処できない。

考え方を伝えれば、やり方は勝手に決まるのか。
やり方を伝えれば、考え方は誰でも読み取れるか。

いずれも否。

だからこそ、伝えようとする努力と工夫が要る。

 

感心 と 行動

いつも感心させられる。

そして「で、うまさん、どうするの?」そう問われた気がした。

どんぴさん

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください