あなたの顧客は誰ですか?

投稿者: | 2014/01/29

私の顧客は誰か?

ドラッカーの5つの質問の1つに「われわれの顧客は誰か」という問いがあります。
この問いを自分自身に投げかけてみた場合、あなたは何と答えますか。

 

企業にとっての顧客とは

企業には共通の目的があります。
そして、それは企業を企業たらしめている存在意義です。

それあるが故に企業は企業であり、それが無ければ企業は企業足りえません。

それは、利益をあげ続けること。

唯一これだけが全ての企業の存在意義なのです。

ですから、企業にとっての顧客とは、利益をあげ続けるために選ぶ相手ということになります。

 

自分にとっての顧客とは

では、これを自分に置き換えてみるとどうでしょう。

営利活動が企業を企業たらしめているのであれば、自分を自分たらしめている存在意義とは何か。
自分は何を求めて生きているのか。

そして、それを得る相手は何か。

それを見定めないことには、自分にとっての顧客というのは見えてこないと思うのです。

 

正解は人それぞれ

問いを発しておきながら先回りをしますが、この問いに対する正解は人それぞれでしょう。
企業にとっての顧客が様々であるように、我々個々人にとっての顧客もまた様々であるはずだからです。

 

その上で、だからこそ

その上で、自身に問うてみました。

お前の顧客は誰だ?と。

答えが人それぞれだからこそ、この問いの答えは自分の中にしか存在しないからです。

結果、何とか答えらしきものが出てきましたが、それが正しいかどうかは、まだわかりません。
その答え合わせもまた、自分の中にしか存在しないからです。

 

話をタイトルに戻しましょう。

あなたの顧客は誰ですか?

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください