JSON.pm でハッシュ配列をやりとりする時の注意

投稿者: | 2011/01/31

細かいとこで、ちょこちょこハマったので備忘録的に。

引用符はダブルクォート

JSONテキストを渡すとき、引用符はダブルクォートを使うこと。
シングルクォートだとエラーになる。
【誤】

my $json_text = "[{ 'hoge' : 'fuga' }, { 'piyo' : 'foo' }]";

【正】

{my $json_text = '{ "hoge" : "fuga" }, { "piyo" : "foo" }]';

配列の末尾にカンマ不可

Perl の利点として、末尾にカンマをくっつけたまま行きたくなるが、不可。
ひと手間かけて除去しておくこと。
【誤】

my $json_text = '{ "hoge" : "fuga" }, { "piyo" : "foo" }, ]';

【正】

my $json_text = '{ "hoge" : "fuga" }, { "piyo" : "foo" }]';

エンコード時、ハッシュ配列の引渡しは配列参照で行う

ぶっちゃけ基本。
Twitterで教えて頂いて、とてもありがたく、かつ恥ずかしかった。
@__gfx__さん、ありがとうございました!!
【誤】

my $json_text = JSON->new->encode( @array_of_hashref );

【正】

my $json_text = JSON->new->encode( \@array_of_hashref );

JSON.pm でハッシュ配列をやりとりする時の注意」への2件のフィードバック

  1. 塩田

    突然すみません。
    たまたま見ていて
    2011/01/31
    JSON.pm でハッシュ配列をやりとりする時の注意
    最後の「エンコード時、ハッシュ配列の引渡しは配列参照で行う」の
    正と誤が同じ内容になっていると思えますが、私の見間違えですか?

    返信
    1. @uma_blue 投稿作成者

      ぎゃー、すみません。
      修正いたしました。

      ご指摘ありがとうございます。<(_ _)>
      お恥ずかしい。///

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください