日刊 あおのうま Vol.1958(2016.08.06)【かたい、おもい、かさばる】

投稿者: | 2016/08/06

ハードカバー と ソフトカバー

内容は凄く良いのに装丁が残念だなーという本があります。
特に「この本」と名指しはしませんが、ハードカバーの実用書がそれにあたります。

実用書はその名が示す通り実際に用いられてなんぼです。
そんな本が大層にハードカバーでガチガチな装丁である必要がどこにあるでしょうか。

携行しやすく、気兼ねなく折ったり書き込んだりできるソフトカバー本の方がずっと実用的でしょう。

そんなわけで、実用書は基本的にソフトカバーであって欲しいのでした。
ハードカバー版が別途「豪華版」として刊行されるのは「あり」だと思いますけれどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください