日刊 あおのうま Vol.1474(2015.04.09)【ビッグオー!ショウタイム!】

投稿者: | 2015/04/09

自信 と 余裕

職場の勉強会でプログラムのコードレビューを受けました。

コードの内容自体は高評価だったのですが、コードの内容説明でかなりテンパってしまいまして。
そこについて「事前にシミュレートを」と指摘されました。

テンパッてしまった原因は明らかで、「自信がなかったから」です。

計算量が2Nになっており、ほんまはN=1 に出来る内容だったのですが、コードの見通しとの兼ね合いで綺麗に書ききれなかったんですよね。

で、結局その自信の無さから、説明もオタオタしてしまいました。

これが職場でのビジネスプレゼンとかだと、ハッタリかましてそれらしく乗り切れるんですが、プログラミングは誤魔化しが効かないので、自分で自信を持って「良い」と言えないコードだと、途端に不安になりますね。

そして、先ほど「ハッタリかまして」とほざいたビジネスプレゼンも実は同じで、ちゃんと本質を見抜く人達が相手だと、あっと言う間に誤謬を探しだされて火だるまにされてしまいます。

ひと様に何かを伝えようとするときは、事前にどれだけその内容を検討できるかが、ほんまに大切だと思います。
それを痛感させられた日でした。

OKAN Driven Development だいじ。


 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です