Monster Hunter Dynamic Hunting !!

投稿者: | 2011/06/04

まさかiPhoneでモンハンが出来るとは

Monster Hunter Dynamic Hunting

白状すると、私は結構なモンハン好きです。

デビューはプレステの無印。
その後Gこそプレイしませんでしたが、
MHP、Dos、MHP2、F、MHP2G、Tri、MHP3、と、ほぼ全編をプレイしております。

しかし、この展開は読んでいませんでした。
iPhoneでモンハン!?

価格は800円。
iAppとしては高価な方ですが、それでも缶コーヒー6本分程度。
ですから、「まあ、話のネタに。」
程度の感覚で、購入しました。

今回は、そんなiAppゲーム、
モンスターハンター・ダイナミックハンティング
のご紹介です。

MonsterHunterDynamicHunting

モンスターハンター Dynamic Hunting 1.00.00(¥800)

iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.1 以降が必要

モンスターハンター Dynamic Hunting 1.00.00
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥800 App
更新: 2011/05/23

iPhoneiPhone

別物です。しかし…

まず最初にお断りしておきますが、
これまでのモンハン・シリーズとは全くの別物です。

モンハンと言えば、特徴あるフィールド内を駆け巡り、
採取や調合をしながら、ターゲットであるモンスターを狩る。
と言うのが、基本的な展開です。

しかし、本作はiPhoneと言うハードの制限上、
そう言った点では、従来のシリーズとは全くの別物となっております。

では「こんなのモンハンじゃない」?
答えはNOです。

このゲームは、ちゃんと「モンハン」しています。

そう。
先ほどと矛盾する様ですが、
このゲームは間違いなく「モンハン」なのです。

どのあたりが「モンハン」なのか?
続きは長いので、折り込みます。


正直、ここまで遊べるとは

先にも書きましたが、購入時は「話のネタ」程度にしか考えていませんでした。
しかし、遊べる!
充分に楽しめる!

さすがはCAPCOM。
ちゃんとゲームとして作り上げて来ましたよ。
CAPCOM

基本は1対1のガチバトル

まずゲームシステムですが、
フィールドを駆けまわる事はなく、1エリアのみの広めのマップで、
ターゲットモンスターとプレイヤーの1対1バトルです。

スタートすると、目の前にターゲット・モンスターが居て、ご対面。
とにかくターゲットとのバトルに絞り込まれた状態。
制限時間は3分!
カップ麺にお湯入れてプレイ始めても、十分に間に合う短期決戦ゲームです。
ターゲットと1対1でガチバトル

地形について

地形は森丘、孤島、密林、沼地、雪原、砂漠、火山、とありますが、
地形効果によるダメージや、木々などの障害物による遮蔽はありません。

これまでのモンハンを知っている方なら、
決戦場などの閉鎖スペースをイメージしてもらえば良いと思います。

キャンプなし、アイテムは支給された2点のみ

キャンプは無く、アイテムは最初から支給される2点のみ。
1点は回復薬固定な様で、残り1点が各モンスターに応じて用意されます。

アドオンで追加アイテムも購入出来る様ですが、たぶん要りません。

採取、肉焼き、スタミナ、切れ味なし

採取も無し。
もちろん「上手に焼けました!」の肉焼きもなし。
武器の切れ味やスタミナといった要素も削られています。

継承されている要素

継承されている要素は、報酬素材による武器と防具の作成と強化。

剥ぎ取りはありませんが、クリア時に報酬素材とお金がもらえますので、
それを使って武器や防具を作成・強化が可能です。

武器には水、雷などの属性値や、麻痺などの特殊攻撃効果を持つもの、
防具には咆哮無効、毒無効、などのスキルが発動するもの、などがありますので、
なかなか倒せない難敵には、武器や防具を強化してから挑むのがお勧めです。
麻痺などの特殊攻撃効果を持つ武器もある

ポイントは回避と攻撃ゲージ

で、実際にプレイする際のポイントですが、
肝は回避です。

タイミングよく回避を決めて、ゲージをチャージ!

このゲーム、2本指横スワイプ(画面に指で触れて横に滑らせる操作)でモンスターの攻撃を回避できるのですが、
これをタイミング良く決めると、画面下にフリック攻撃ゲージがチャージされます。
回避をきめて、ゲージをチャージ!

フリック攻撃を決めると、チャンス!

画面下にフリック攻撃用のゲージマークが3〜4個並んでいます。
このゲージ1つにつき1回、強力な「フリック攻撃」を決めることが可能です。

フリック攻撃を決めると、ダメージも大きい上に、高確率で相手が転倒するので、
大きなチャンスなのです。

回避によってモンスターの横や背後に回りこみ、フリック攻撃をきめまくりましょう!
フリック攻撃でダウンを奪え!

とにかく回避が起点

と言う具合に、回避によってゲージを貯めて、フリック攻撃を決めるのが基本の様です。
つまり、まず回避ありき。

タイミングの基本としては、モンスターの攻撃前に必ず集中線が画面上に現れますので、
それを確認してから回避しましょう。

ただし!
攻撃の種類によって、集中線発生から攻撃までのタイミングが異なります。
全ての攻撃を一本調子で回避できるわけではないので、注意です。
(私、リオレウスの尻尾回転は未だに、しょっちゅう喰らってしまいます。)
集中線が現れたら回避の用意だ!

シリーズ共通「欲張らない」のココロ

さて、従来のモンハンとは大きく異なるシステムであるこのゲームですが、
ちゃんとモンハンの遺伝子を継いでおります。

それは「欲張っちゃ駄目」という点です。

この手のゲームは、ついつい攻撃一辺倒になってしまいがち。
画面を連打して、とにかく攻撃したくなります。

しかし、しつこく言いますが、
ポイントは「回避」なのです。

モンスターの動作を観察し、タイミングよく回避を決め、反撃する。
観察 → 回避 → 反撃
この流れを、いかにクレバー(冷静)に決められるかが、攻略の鍵です。

そして、これは本作に限らず、モンハン・シリーズ全編に共通した基本です。

私が「ちゃんとモンハンしている!」と言う最も大きな理由は、ここにあります。
自分の攻撃を叩き込む事ばかりに執着せず、
モンスターをよく観察し、自分の武器や攻撃の特性をそこに合わせる。

この戦術選択と実践こそが、モンハンの醍醐味のひとつでしょう。

ラッシュを決めて爽快フィニッシュ!

ある程度の回数攻撃をヒットさせると、
ブゥーンと言う音と共に、
画面左下の武器のマークが点滅します。
武器のマークが点滅!!

このとき、武器マークをタップすると、
強力なラッシュ攻撃が発動します。

大ダメージかつ無敵状態になるので、
上手く叩き込んでフィニッシュを決めると爽快ですよ。
決まると爽快!ラッシュ攻撃

難易度はかなり緩め

Lv.1からLv.3までひと通りプレイしてみた感想ですが、
難易度はかなり緩めに設定されています。

携帯ゲームという操作に制限が大きいデバイスですから、
プレイヤーがストレスを溜めないための工夫でしょう。

ライトにモンハンの世界を楽しめる様に、
気を使ったんだろうなーと言う印象でした。

手軽さとやり込み要素のバランス

「難易度は緩め」と言いましたが、
では「すぐに飽きちゃうか?」と問われれば、答えはNOです。
その点はしっかりとやり込み要素を用意してくれていました。

クリア時のランク判定

クリア時にQUEST, TIME, LIFE, PARTS, の4つボーナスポイントが計算され、
その点数に応じてD〜Sまでのランクが判定されます。

私は今のところババコンガとバサルモスを除いて、全てA判定まで取りました。
こうなると、残る2種も何とかしてA判定をもぎ取りたい!
って感じで、ついついプレイしています。
とりあえず全A判定は取っておきたい!!

モンハンと言えば、やはりコレ。素材集め

モンスターを倒すと、報酬で各種素材が入手できます。
これを幾つか貯めると、新しい武器を作れたり、
すでに持っている武器を強化できたりします。

この素材を求めて、狩りに出る。
モンハン黄金のハマりパターンですね。

なかなか倒せないモンスター何かも、
地味に素材を集めて、武器と防具を強化すれば、
結構ゴリ押しで倒せたりするので、その意味でもお勧めです。
素材集めは外せない

まあ、ワガママですが

と、ここまで比較的ベタ褒めのスタンスでしたが、
不満点も無いわけじゃありません。

ガンナーなし

今作では、モンハンシリーズ内で「ガンナー」と呼ばれる遠距離武器が選べません。
ガンナーは攻撃形態からして他の武器とは大きく異なりますので、
これは仕方のないことだったのでしょう。

リオレウスなし

あの全作通じての皆勤賞モンスターがいない!!
無印(第1作目)からプレイしている身としては、とても寂しい思いでした。
奥さん(リオレイア)は登場するのにね。

パッケージモンスターなし

これまでモンハンは、新作ごとに「パッケージモンスター」と呼ばれる新種モンスターを登場させてきました。
しかし、本作には、その「パッケージモンスター」がいません。
これはシリーズ内の徒花的な位置付けだからなんですかね。
これはとても残念。

女性タイプのキャラなし

私、恥ずかしながら、Dos以降は女性タイプのキャラを常用しておりまして。
理由は、装備が女性タイプの方が格好良いから。

今作では男性タイプのキャラのみなんですよね。
これもちょっと残念なところでした。
むさっ苦しい男だけの世界

キリがないので、このあたりで…

まあ、数えだすと出る出る不満点。
思い入れが強いゲームなので「もっとこう…」を言い始めるとキリがありませんね。
なので、このあたりでやめにしておきます。

願わくば、アップデートで新モンスター追加はあると嬉しいなー。

愛したゲームはみんな消えていく。だから…

私、iPhoneで色々なゲームを楽しんできましたが、
面白いゲームほど、速攻でiPhoneから削除してしまいます。

何故なら、
他の事が全然手につかなくなってしまうから。

Dungeon Raid, ゆけ!勇者, ボンバーマン・チェイン, …etc.
このMonster Hunter Dynamic Hunting も、
「いずれ削除してしまうのかなー」
と思える良い出来のゲームです。

モンスターハンター Dynamic Hunting 1.00.00(¥800)

iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.1 以降が必要

モンスターハンター Dynamic Hunting 1.00.00
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥800 App
更新: 2011/05/23

iPhoneiPhone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください