日刊 あおのうま Vol.2287(2017.07.05)【単目的ツールの強み】

投稿者: | 2017/07/05

PaperWhite と iPhone

Kindle はもっぱらiPhone Plus のiOS 版を利用していたのですが、思うところがありまして。
久しぶりにKindle PaperWhite を使って本を読んでいます。

思うところというのは「iPhone よりKindle 端末の方が読書に集中できそう」という想像です。
そして想像通り、Kindle 端末の方がiPhone より読書に集中できますね。

理由は幾つかあるのですが、最大は「脇道に逸れにくい」という点でしょう。

iPhone を使っていると、ついTwitter を覗いたり、メールチェックしたり、ゲーム始めたりと、脇道に逸れやすい。
しかし、Kindle PaperWhite だと基本的に本を読む以外に使えないので、読書に集中しやすいのです。*01と言うより、やはり「脇道に逸れにくい」と言うべきでしょうか。

あと、端末が軽いです。
筐体が樹脂製だからか、iPhone Plus と比べると軽く感じます。
すべり止めコーティングされているお陰で、ツルッと滑らせて落としそうな不安感が少なく、気楽に扱えるのも良いですね。

そんなわけで、7月は私の中で積読消化の強化月間と位置付けている事もあり、しばらくKindle PaperWhite と仲良くしてみようと思います。

脚注

01 と言うより、やはり「脇道に逸れにくい」と言うべきでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください