日刊 あおのうま Vol.2221(2017.04.30)【ベタ踏みはアクセルワークと言わない】

投稿者: | 2017/04/30

拡げる と たたむ

思考にしろ行動にしろ、拡げる方は比較的わーっとやってしまえるのですが、たたむ方は正直苦手です。

拡げる際は、逆裏対偶といった感じでパターン想定でどんどん展開できるのですが、たたむ場合のエンジンになるリソース検討や優先順位設定は相互で影響し合うので、思考がまとまり難い感覚。

しかも、せっかく何とかたたんだつもりでも、ちょっと刺激を受けると、すぐに展開する方に向かってしまう。

ここいらの乗りこなしというか制御をもっとロジカルに出来る様になりたいなあ。

いや、正確には思考をたたみたいわけじゃなくて、行動を精査したいのか。
無駄というか蛇行が酷すぎて前進感に乏しいんですよね。

そう考えると、必要なのはむしろ目標設定とそのつなげ方になるのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください