日刊 あおのうま Vol.1542(2015.06.18)【起きながら寝ている様な感覚】

投稿者: | 2015/06/18

受動 と 能動

仕事に忙殺されて一日を終えると、その日に何をしたか振り返っても、殆ど何も思い出せない時があります。

正確には、あれをやった、これを済ませた、といった「仕事の記録」は思い出せるのですが、自分自身の考えた事というか、自分の時間を過ごした感覚が希薄なんですよね。

空虚な充実とでも呼びましょうか。
ほんまは仕事もそこそこノッてやれていたので、もっと何かが残っていても良いはずなのですが。

鍵は「制御下にある忙しさ」か否かだと考えています。
今日の忙しさは、状況に強いられた忙しさでしたから。

明日は今日より少しで良いから、自分でコントロールできる様にしたいところです。

皆さんは自分の忙しさ、コントロールできていますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください