日刊 あおのうま Vol.1165(2014.01.25)【さすがに焙煎は手が出せない】

投稿者: | 2014/01/25

歯医者さん と 珈琲

昨日、キャラメルを食べたひょうしに歯の詰め物がとれました。

で、外来で歯医者さんに行こうと出かけたのですが、結局、行かずに帰宅。
理由はコーヒー。

行き掛けに「今週分のストックを…」と立ち寄った行きつけの珈琲屋さんで、焙煎したてのキリマンジャロを買ってしまったのです。

俗に珈琲の三たて(煎りたて、挽きたて、淹れたて)と申します。
焙煎したての、まだ仄かに温かい珈琲豆の香りの素晴らしいこと。

手提げ袋の中から「早く帰って飲んでみて!」と語りかけてくるようで。
気がつけば玄関で靴を脱いでおりました。

お陰で素敵な1杯を楽しむことができたので、まあ良しとしましょう。

香りをお届けできないのが残念です。3たてコーヒー。 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください