パスタとピッツァが両方美味しいお店って貴重だよね

投稿者: | 2011/06/25

1ヶ月半ぶりのエキ・ポンテベッキオ・ア・オオサカ

昨日(6月24日)、大阪駅はLucuaの10階にある、
エキ・ポンテベッキオ・ア・オオサカに行ってきました。

前回食べに行ったのは5月7日ですから、約1ヶ月半ぶりです。

真のナポリピッツァ協会 No.243 に行ってきたよ | 極上の人生


某一夜干し専門店が悲しかったのでリベンジ

実は、先週末にも入店しようと訪れていたのですが、その時は行列が随分と長かったので、
向かいの一夜干し専門店に鞍替えしてしまったのです。

まあ、天罰でしょうか。
一夜干し専門店では、とても不快な思いをさせられてしまったわけですが。

そんなわけで、今回はリベンジとばかりの入店でした。
初志貫徹。

今回食べたもの

で、今回たべたものは以下。

フェッラレッレ 500ml

フェッラレッレ 500ml

フェッラレッレ 500ml ¥315(内)

前回に引き続き注文。 素晴らしき炭酸水。

ピッツァ・ビアンカネーベ

ピッツァ・ビアンカネーベ
シンプルながら素晴らしい味わい

ピッツァ・ビアンカネーベ(Sサイズ) ¥1,470(内)

モッツアレラチーズベースのシンプルなピッツア。

言うたら「生ハムとパルメザンチーズのピザ」なのですが、
その味わいは素晴らしいのひとことに尽きます。

贅沢に散らされた具は、
生ハムがパルマ・プロシュート、チーズはパルミジャーノ・レジャーノ!!
こだわりを持って仕上げると、こうも出来が違うものかと驚かされます。

いろいろキノコのソテー

いろいろキノコのソテー

いろいろキノコのソテー(ハーフ) ¥504(内)

ただのキノコ炒め…のわけがない。
ルッコラと3種のキノコをバルサミコソースで味わう贅沢なキノコ炒め。

添えられたレモンを軽くかけて食べると、また違った味わいが!
最初「酸味のあるバルサミコソースに更にレモンは蛇足じゃね?」と思ったのですが、
さに非ず。
果実のフレッシュな酸味とバルサミコ酢の熟成された酸味が渾然となって
キノコの滋味を引き出します。

赤牛のタタールステーキ

赤牛のタタールステーキ

赤牛のタタールステーキ ¥1,260

セコンド。
「タタールステーキ」と言うと「何?」と思われる方も多いかもしれない。
簡単に言うと、軽く火を通したユッケ。
生肉の味わいをしっかりと残しつつ、
熱は通ったが火は入り過ぎていないという焼き加減が絶妙。

前回たべた串焼きもそうだったが、エキ・ポンテベッキオの肉料理はハズレ無し!

柔らかポークのパッパルデッレ

柔らかポークのパッパルデッレ

柔らかポークのパッパルデッレ(レギュラー) ¥1,470

豚肉の煮込みとポルチーニ茸のパスタ。

麺は幅広のパスタ「パッパルデッレ」。
まあ、幅広で有名な「タリアテッレ」の4倍くらい幅広と思って下さい。

幅広麺の食感、口の中でほろほろと崩れるほど煮こまれたポークの味わい、
ポルチーニ茸の贅沢な香り、それらが一体となって得られる口福。

クリームソースパスタでありながら、重さを全く感じさせないところも素晴らしい。

ドルチェ&エスプレッソ

今回も見送ったよ!(泣)

だって体重これ以上増やすわけには行かないもの。

前回気になったところ、その後

やはり今回も素晴らしい出来でした。エキ・ポンテベッキオ・ア・オオサカ。
さて、せっかくの2回目入店ですので、
前回気になったところがどうであったかもチェックしてみましょう。

釜は近くなっていた(物理的でなくオーダー的に)

ピッツァは熱々が一番なわけですが、
前回は焼き上がりからテーブルまでの「間」が気になりました。
今回は見たところ焼き上がりタイミングをしっかりと把握できている様子で、
すぐに各テーブルに運ばれていました。

レジはどうやらカード決済が苦手っぽい

前回のまごつきの際もそうだったのだが、カード決済だと引っ掛かるっぽい。
おそらくレジのシステム的に手間がかかるのだと思う。

まあ、これは仕方ないのかも。

下げたグラスは今回も同じ場所にずらり

これは前回と全く同じだった。
どうやらお店のシステム的にそうなっているっぽい。

トラットリア(食堂)を冠しているお店なので細かい点をつつき過ぎるのもつまらないが、これは改善した方が良いと思う。

やはり見た目がよろしくない。

ピッツァとパスタ、どちらも美味しいお店って貴重

さて、今回も小言めいた事を書いてしまいましたが、それもこのお店の素晴らしさゆえ。
お気に入りのお店には、いつまでも良いお店であって欲しいと言う想いあってこそです。

特に今回行って確信したのが、

この店、ピッツァとパスタどちらも美味しい!

と言うこと。

これまでの経験から言わせてもらうと、
ピッツァとパスタの両方が美味しいお店って意外と貴重なんですよね。
何故だかわかりませんが。

その点、このエキ・ポンテベッキオ・ア・オオサカは、さすが名店の系譜。
どちらも高レベルで提供されているお店だと思います。

今回まとめ

順番 品物 金額 備考
1 フェッラレッレ
(500ml)
¥315 炭酸水。
素晴らしき炭酸水。
2 ビアンカネーベ
(Sサイズ)
¥1,470 シンプルにしてこだわりの逸品ピッツァ。
3 いろいろキノコのソテー
(ハーフ)
¥504 高レベルきのこ炒め。
4 赤牛のタタールステーキ ¥1,260 この店、肉料理にハズレなし。
5 柔らかポークのパッパルデッレ
(レギュラー)
¥1,470 ピッツァだけじゃない!
絶品パスタ。
合計 水+4品を2人でシェア
(ドルチェ&カフェ無し)
¥5,019 3度目も行く!!

今回もオーダー構成が前回と全く同じ。
なので、金額も似たような金額になりました。

お一人様2,500円で、この満足感。

素晴らしい。

やはり、また行きたいお店です。

ただ、晩は毎回行列が出来ているので、時間に余裕を持って行く様にしましょう。
だいたい10組〜程度はいます。

LUCUA -ルクア- エキ ポンテベッキオ ア オオサカ



 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください