日刊 あおのうま Vol.723(2012.11.09) – 子供の頃、魚を銛で突くときも「先」を狙ったな –

投稿者: | 2012/11/09

新技術 と 未来像

職場の大先輩から聞いたお話。

会社でパテント(特許)や新技術などによる利益を得ようとするときは、「今の問題や課題」のクリアでなく、「今の問題や課題がクリアされたら次に来る世界」を視野に入れて、そこにフォーカスする様な特許や技術を開発するのだそうです。

そうすることで、今の問題がクリアされた瞬間から、新しいハードルにぶち当たるまで利益を生み出し続けてくれるわけです。

で、当然ながら、各社ともそこは狙ってくるわけで。
自分たちの描いた将来像に舵がきられるように、「今」の流れの主導権争いも重要になるのだとのこと。

なんだかゲームの駆け引きの様ですね。


 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください