日刊 あおのうま Vol.2195(2017.04.04)【されど我が身は1つきり】

投稿者: | 2017/04/04

ユーザーストーリー と プロダクトオーナー

今回の炎上案件ではSCRUM(っぽい何か)でプロジェクト管理を行いました。*01実際に「管理できた」かどうかは別として。

それなりに効果はあったのですが、思うに任せなかった事も多数。

特に失敗したと感じているのが、ユーザーストーリーの洗い出しが雑であった事と、そのユーザーストーリーに対してプロダクトオーナー(と設定されるべき人物)からの合意を得て動かなかったこと。

とにかく納期を設定されて、それまでに作れという形で走り出したので、ろくすっぽ要件の洗い出しもしないまま作り始め、ユーザーストーリーは出てくる都度、どんどん付け足し。
当然、ストーリーの粒度はバラバラで、しかもプロダクトオーナーとの優先順位調整も無し。

これでよく何とか動くものがでっち上がったものです。

ともあれ、今はひと息つける状況ですので、仕切り直すなら今のうち。
少なくとも4月中には、ワークフローを見直して、今回の振り返りを活かした状態に持っていきたいところです。

でも、親会社案件の方に全力投球したくもあるんよなあ。

脚注

01 実際に「管理できた」かどうかは別として。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください