日刊 あおのうま Vol.1571(2015.07.17)【促成栽培】

投稿者: | 2015/07/17

集中 と 拡大

最近は色々と便利になっておりまして。
Vagrant というツールを使えば、簡単に開発環境の下地を用意出来る様になっております。

ネットに誰かが上げてくれているboxファイルと呼ばれる出来合いの環境ファイルを呼び出せばOKで、あとはコアになる開発に着手できてしまうわけです。

ただし、上手く行っているのであればそれでも良いのですが、いったん何かに引っ掛かってプログラムが動かなくなったり、謎の不具合を生じる様になったりすると、途端に問題の切り分けが難しくなってしまうというリスクもあります。

なにせ自分で組んだわけではない環境ですから。

そんなわけで、Vagrant などの仮想環境ツールは便利ですが、同時に自分の手で環境セットアップぐらいは出来る様になっておきたいと思うんですよね。
なので、boxファイルもネットから拾ってくるんじゃなくて、自前で組んだヤツを使いたい。

若手くん1号に言わせると、「そっちは環境構築チームみたいなところに任せて、自分はプログラミングに集中したい」そうですが。
自分の手が届く範囲を拡げたいっていう欲求は無いのかなあ。 *01そもそも、ウチの会社にそんなチーム無いし。

それは、土を知らずに野菜を育てたいって言っている様なもんじゃないかと、おっさんは感じてしまうのでした。

脚注   [ + ]

01. そもそも、ウチの会社にそんなチーム無いし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください