日刊 あおのうま Vol.1562(2015.07.08)【明日は我が身か】

投稿者: | 2015/07/08

詰問 と 叱責

職場にて。
上司が部下に対して詰問と叱責を繰り返す姿を横目に仕事。

横で聞いている限り上司のいう事には筋が通っていて、当然っちゃ当然のお叱りなのですが、あれをやられたら、それ以前に心が折れるよなあ。
以降、萎縮しちゃって、まともな報告も上がって来なくなるのではなかろうかと勝手に心配したりして。

何より、横で聞いていた私自身が「この上司にはあまり仕事の状況を報せたくねぇなあ」と思っちゃいましたから。

正しさというヤツは、その行使の正当性は担保しても、その効果は保証してくれないのですよね。
くわばらくわばら。

追伸

ただ、やっぱりソフトな言い方では馬耳東風な輩というのもいるわけで。
そういう連中には、型嵌めるためにもキツい言い方も要るよなあとも思います。

そう考えると、定番ですが詰問や叱責は第3者のいないところでってのが良いんでしょうね。
いわゆる「説教部屋」というやつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください