日刊 あおのうま Vol.1112(2013.12.03)【価格にして6倍以上】

投稿者: | 2013/12/03

Cloud Outliner と OmniOutliner

仕事で要件定義をするときなどにアウトライナーをよく使います。

構造的なことはあまり考えずに浮かんだ要素をだーっと入力して、それを構造的に組み替えます。

すると、結構「抜け」や「ダブリ」が見えてくるので、またそこを修正します。

最初から全体を綺麗に整理した状態になるようにまとめようとすると、すぐに体裁を整える方に意識を取られてしまうので、この「だーっと書き出して、がーっと組み替えて、ばーっと修正する」やり方が好きなのです。

で、そのときに使うアウトライナーですが、今のところOmniOutliner が一番です。

ただ不満が全く無いかと言われると、ゼロではありません。

iPhone 版が無いのです。

Mac と iPad はOmniSync Server というOmni社のクラウドサービスで同期可能なのですが、iPhone にはそもそもOmniOutliner が無いのです。

ちょっと電車の中などで思いついた事をその場で盛り込めないってのが、唯一の残念ポイントですね。

OmniOutliner Pro App
カテゴリ: ビジネス
価格: ¥6,800

 

対して、Clout Outliner というアプリがありまして。
iPhone, iPad, Mac と全て網羅している上に、同期はiCloud で、Evernote 保存にも対応と、至れり尽くせりな感じの、まさにOmniOutliner キラーです。

ただ、非常に残念なことに日本語入力部分に不都合が1点。

変換を確定させるためにEnter キーを押すと、変換確定と同時にそのまま次の項目が追加されてしまうのです。

これは非常に使い辛い。

ショートカットキーの設定を変更すれば防げるわけですが、そうすると今度はEnter キーによる新規項目の追加ができなくなります。

それはそれでリズムが悪くなりますので、結局OmniOutliner を使っています。

ただ、そのあたりのキーボード設定に拘りがないならば、OmniOutliner より随分とリーズナブルですし、こちらの方が良いかもしれません。

Cloud Outliner: エバーノートと統合可能なアウトラインツール App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,000

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください