日刊 あおのうま Vol.2713(2018.04.20)【さても厳しき】

投稿者: | 2018/04/20

御恩 と 奉公

本日は会社の役職者研修でした。
偉いさんは良く言えば前向きな、悪く言えば前しか見ていない立派なお話をされるわけですが。

こちとら生活のために仕事をしているのであって、それ以外は二の次なんですよね。
あれをしよう、これをせねばというならば、そこに何らかの正のインセンティブが欲しいわけです。

御恩なくして奉公なし。
具体的なメリットを共有イメージできない方針や題目は、ちょっと残念な感じがしてしまうのでした。

まあ、子会社の辛いところですよなあ。
新恩給与どころか、本領安堵する権限すらが無いわけですから。*01減封だけは出来るみたいで、上司がしょっちゅうチラつかせるんですけれどね!

脚注   [ + ]

01. 減封だけは出来るみたいで、上司がしょっちゅうチラつかせるんですけれどね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください