むりゅかのそぞろごと Vol.7(1/2)

投稿者: | 2017/01/31

もともと、ここで書いていることはあまり読者を想定していない。
あくまで考えごとをしたときのメモであるから、言ってみれば授業のノートみたいなものだ。
書いた本人はわかるが、万人に向けてわかるようには書いていない。

そんな文章をブログに載せることに、何の意味があるのか。
実は、私にもわからない。(むしろ、私の方が尋ねたい)

理由をひとつ挙げるとすれば、記録することを重要だと考えているためだ。
書いて残さないと、絶対に忘れてしまう。

ちょっと前から、朝に考えごとをするようになった。
(身動きできない時間の過ごし方としては悪くないと思う)
そして、考えたことのまとめや一部をつぶやきとして放流してみた。
この朝の考えごとの足跡を残そうと、Evernoteに記録するようになった。
記録すると、不完全ではあるが考えたことを保存できる。
つぶやきについての説明として、旦那さまに見せたりもした。
そこで何度か「これ、ブログにしたらいいのに」と言われたが、
あくまで考えたことのメモでしかないものを人目に晒すなど耐えられないと思った。

けれども慣れとはおそろしいもので、つぶやくことに慣れたせいで感覚が麻痺したらしい。
まんまと嵌められた感はあるが、ブログの家主がいいというなら構わないだろうと思うことにした。
ただし、最初は家主が掲載に堪えると認めたものに限るつもりだった。
だが、ふとしたときに『厳選するほどのレベルじゃないな、そういえば』と思い至り、制限を撤廃した。

こういった趣旨を初めに紹介するブログは多いが、そもそも下宿人なので、私はその役目にないと考えた。
それが今になって、このような説明をしたのは訳がある。
事情があって、前回の文章はまとめきれていないものだ。(他も大差はないが、前回は特に顕著なので)
いくら自分がわかればいいメモであるとはいえ、晒す以上は読む人に理解してもらえるよう考慮するべきだろう。

そんなわけで、前回の考えを再度まとめてみようと思った。
世間には、他人の考える過程をおもしろいと感じる人もいるかもしれない(少なくとも私はその部類だ)ので、
そんな人に向けてと言い訳しながら。(後半へ続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください