フローチャートじゃなくてポンチ絵で考えることがよくあります

投稿者: | 2014/01/02

プログラムの構造を考えるとき、フローチャートやUMLでなくポンチ絵 *01落書き程度の概要図。描き方にルールは無い。 で考える事がよくあります。

以前はフローチャートやUMLで描こうとしていたのですが、仕事でドキュメントを残すのでもなければ、ポンチ絵の方がルールやらの縛りを気にせず描けるし、気楽に直しもできるので便利です。

ただし、細かいテスト項目や処理分岐の網羅性は期待できないので、そこいらは別途考えましょう。

 

下図は、Evernote に連続投稿するプログラムを考えたときに描いたポンチ絵。
(※実際にはこんなに丁寧じゃなくて、各アイテムは単にグリっと描いた◯やら△やらだったりします。)

おきらくごくらく

字が恐ろしく汚いのは仕様です。orz

 



 

脚注   [ + ]

01. 落書き程度の概要図。描き方にルールは無い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください