日刊 あおのうま Vol.2362(2017.09.19)【そう簡単に切り離せるものでもない】

投稿者: | 2017/09/19

仕事 と 感情

私は基本的に仕事に感情を持ち込むのは好みでありません。
ですが、誰もがそうではない事も知っているつもりです。

まあ、それにこちらが付き合うかどうかは、相手の出方とこちらの都合によるわけですが。

そしてこう書くと、私自身はさも感情を交えない冷静な人間であるかの様ですが、当然そんなことはないわけで。
反りの合わない相手と長期間関わる破目にでもなれば、相応に心が削られます。

そんなとき、出来ることの選択肢はそう多くなくて、戦う、耐える、受け流す、逃げるの4つぐらいでしょうか。

おっさんの過去の経験から言うと、戦う、耐えるは愚策とまでは言いませんがお勧めしない手です。
何せ消耗が著しい。
見合ったリターンや新展開が望めないなら、やめておくのが吉。

受け流すのは理想的ですが、相応の技量と度量が必要なので難易度が高い。

結局、逃げるのが一番かしこい気がしますね。
完全に逃げ去らなくても、距離を置くとか、そことは違う場所に自分の軸を移すとかでも良いので。

ともあれ、いつでもそこから離れられる、そんな準備は怠らない様にしたいものです。
何よりも自分自身の精神衛生のために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です