全ての駅にホームドアを

投稿者: | 2014/07/06

せつない事故

たまたま耳にした事故です。
あえて突き放した言い方をするなら、所詮は他人事です。

ですが、それこそ「たまたま」でしかないのです。
いつ、それが自分の身内あるいは自分自身におこるかわかりません。

そうなった時、自分や周囲はどれだけ切ない思いをするか。
拭い去れない後悔を背負うことになるか。

そう想像したら、たまりませんでした。


 

ホームドア(プラットフォームスクリーン)

ホームドア(あるいはプラットフォームスクリーン)と呼ばれる機構があります。
新幹線の駅や、都市部の一部地下鉄駅などに設置されている安全装置で、入ってくる電車と乗客の接触を防いでくれます。

上記の事故は、駅にこの機構があれば発生しなかったのではないかと見ています。


 

設置状況

ホームドアの設置状況は下記の国土交通省のページで確認できますが、母数となる国内駅数が掲示されていません。

設置状況こそ進んでいるように見えますが、それが妥当なものか否かは判りません。


 

全ての駅にホームドアを

設置側にとって、費用面はじめ非常に難しい課題なことは理解できます。
今回の様なケースは誰に非があったわけでもないはずです。

ですが、取り返しのつかない事故は起こってしまいました。

この様なやりきれない事故を無くすために、全ての駅にホームドアが設置されることを願います。

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください