PosterousにGoogleAnalyticsを設定してみたよ

投稿者: | 2011/05/11

ぱぱーん(@PaPaaaaN *01「a」は4つだ!)さんの嘆き

Posterousをチェックしていると、こんな記事が。
だいたい日刊ぱぱーんNo120 – だいたい日刊ぱぱ~ん


そうですよねー。
6時間も座りっぱなしは…って、違います。

今回のネタ元は、その次。
「はてさて、posterousのPVがおかしい。」以降の部分。

@PaPaaaaN *02クドいようだが、「a」は4つだ。 さん、
どうやらPosterousのPV数が激減したことにショックを受けておられる様子ですね。

ここは、私が良い手をご紹介しましょう。
ついでにサボり気味のブログ記事のネタにもさせて頂きましょう。

PosterousのPV数ってあてにならんくない?

Posterousは自分のアカウントの管理画面(Manage)から、各記事の視聴数(Views)がチェックできます。 *03画像中のView数が大変気の毒な数字ですが、今回の現象に関係なく、こんなもんです。放っておいてつかぁさい。泣かないぞ。
Manage画面でView数がチェックできる。

さて、このView数ですが、
正直、ちっともアテになりません。

結構いい加減に増減しているので、
これを元に @PaPaaaaN *04面倒だから、もういいかな? さんが一喜一憂する姿は、とても面白…気の毒です。

GoogleAnalytics(ぐーぐるあなりてぃくす)の勧め

で、アクセス解析と言えばGoogleAnalyticsです。
長ったらしい上に、色々な意味で読み辛い名前ですが、
コイツが役に立つサービスなのは事実。

そんなGoogleAnalyticsは、Posterousにも簡単に導入が可能です。
(つか、Posterous側でちゃんと用意してくれています。)

【2011.05.12 追記】

GoogleAnalyticsによるアクセス集計が有効になるのは、導入してからです。
残念ながら導入前のログをさかのぼって集計はできません。
ご注意を。

手順

毎度の長い前口上が済んだところで、
GoogleAnalyticsをPosterousに設定する手順です。

大まかな流れ

手順は以下の流れで進行します。

1.GoogleAnalyticsドメインIDを取得

(「UA-123456-1」形式の英数記号)

2.PosterousにGoogleAnalyticsドメインIDを登録

(Manage画面のSETTINGを押して、一番下にANALYTICSの項目があるので、Editを押す。
 すると、GoogleAnalyticsドメインIDを入力するボックスがあるので、入力。
 あとは、Save Settingsを押せばOK。)

3.終了!

 
ちょー簡単。

とは言え、GoogleAnalyticsドメインID *05長いな の取り方とか、よくわからん!って人もいると思うので、以下に詳細な手順を書き出します。

1.GoogleAnalyticsのページを開く

まずはGoogleAnalyticsのページを開きます。
URIはこちら。
http://www.google.com/analytics/

Google Analytics

2.アカウント作成 or ログイン

GoogleAnalyticsのページを開くと、2つの選択肢があります。
「Analyticsにアクセス」のボタンと、「今すぐ申し込み」のリンクです。

添え書きにある様に「Google Analytics を初めてご利用の場合」は「今すぐ申し込み」をクリックし、既にアカウントを持っている場合は「Analyticsにアクセス」ボタンを押すわけですが、
実はどっちを押しても開くページは同じです。

どっち押しても開くのはログインページ

(Googleアカウントの作成)

Googleアカウントを持っていない人は、ここでGoogleアカウントを作成して下さい。
Googleアカウントを持っていない方は、ここから作成。

3.Googleアカウントでログイン

Googleアカウントを持っている人は、まずログインします。
Googleアカウントでログイン。

4.GoogleAnalyticsに利用を申込む

「お申し込み」ボタンを押して、GoogleAnalyticsの利用を申し込みます。
GoogleAnalyticsの利用を申し込む

5.サイト情報を登録

アカウントの登録画面が開きますので、サイト情報を登録します。

入力項目は主に2つ。
(1)サイトURL
(2)タイムゾーン
以上です。

アカウント名はサイトURLを登録すると勝手に同じ内容が設定されます。
面倒なら、そのままでOKです。(当然、サイト名を自分で入力してもOKです。)

入力したら「続行」ボタンを押して、次へ進みます。
サイト情報を登録

6.ユーザー情報を登録

ユーザー情報を登録します。

入力項目は3つ。
(1)姓
(2)名
(3)国または地域
以上です。

ここは、てきとーでOKです。
まあ、Googleアカウントと揃えておくのが無難でしょう。
ユーザー情報を登録

7.利用規約に同意してアカウント作成

定番の「利用規約への同意」を求められますので、「はい、上の利用規約に同意します。」にチェックしてから「新しいアカウントを作成」ボタンをクリックします。
利用規約に同意してアカウント作成

8.トラッキングの追加画面をスルー

トラッキングの追加画面が表示されますが、今回は用がないので、華麗にスルーです。
「保存して終了」ボタンを押しちゃって下さい。
サクっと終了ボタン

9.AnalyticsドメインIDをメモ

アカウント管理画面のAnalyticsドメインIDをメモします。
(メモが済んだら、とりあえずGoogleAnalyticsのページは用なしです。)
AnalyticsドメインIDは、UAから始まる6桁+1桁の数字です。
(例:UA-0123456-1)
これは、あなただけのIDなので取り扱いには注意しましょう。
AnalyticsドメインIDをメモ。

10.PosterousのManagement画面を開く

さて、ここからPosterous側の設定になります。
まず、PosterousのManagement画面を開きます。
PosterousのManage画面を開く

11.SETTINGS画面を開く

画面右側にある「SETTINGS」ボタンを押して、SETTINGS画面を開きます。
SETTINGSボタンをクリック

12.ANALYTICSの設定画面を開く

SETTINGS画面の最下段にANALYTICS項目があるので、
Editボタンを押してANALYTICSの設定画面を開きます。
ANALYTICSのEditをクリック

13.GoogleAnalyticsドメインIDを入力して保存

ANALYTICS設定画面にGoogleAnalyticsドメインIDを入力します。
「Save Settings」ボタンを押して保存しましょう。
これでPosterous側の設定も終了です。
GoogleAnalyticsドメインIDを入力して保存

14.GoogleAnalyticsの画面で確認

GoogleAnalyticsの画面にログインして、アクセスログなどをチェックしましょう。
このあたりの詳細は以下の記事が参考になりますので、チェック!
ブログをちょーマジメに考えるんならGoogleAnalyticsを見れば全て解決する | goryugo


おまけ

ちょっと、ぱぱーんさんの日刊に反応した記事を書こうと思っただけなのに、
いざ作成してみると3時間近くもかかってしまいました。 *06途中で投げようと思ったけれど、なんか意地になってしまいまいました。アホですな。我ながら。

実際のGoogleAnalytics設定は10分もかからず終わるんですけれどね。orz

そして、今更ですが、ぱぱーんさんから
「そんなの知っているよ。
いちいちAnalytics見るのが面倒だからManage画面のPV見ているのに。」

と言われてしまう可能性に思い至って、どうしましょう。

【2011.05.12 追記】

幸い、@PaPaaaaN さん *07「a」は最初が1つ、次が4つ のお役に立てた様です。
良かった。
すげー嬉しい。

他のPosterousユーザーの皆さんのお役にも立つと嬉しいなー。

 
 


脚注

01 「a」は4つだ!
02 クドいようだが、「a」は4つだ。
03 画像中のView数が大変気の毒な数字ですが、今回の現象に関係なく、こんなもんです。放っておいてつかぁさい。泣かないぞ。
04 面倒だから、もういいかな?
05 長いな
06 途中で投げようと思ったけれど、なんか意地になってしまいまいました。アホですな。我ながら。
07 「a」は最初が1つ、次が4つ

PosterousにGoogleAnalyticsを設定してみたよ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください