日刊 あおのうま Vol.1086(2013.11.07)【自分がどう感じたかでいいんじゃないの】

投稿者: | 2013/11/07

舌 と 看板

堺筋本町に好みな味のラーメン屋さんがあります。
ひさびさに食べたくなって行ってきました。

やはり美味しくて堪能したのですが、お店を出てから舌に違和感。
舌の両脇に渋い様ななんとも言えない感覚が。

化学調味料が強いものを食べたあとによくなる、あの感じです。

ただ、そのお店は無化調を看板に挙げているお店。
そこのラーメン食べて舌がこうなるとは…。

私の舌がおかしいか、化学調味料でなくとも旨味系のアミノ酸が強過ぎればこうなるのか、はたまた何か違う要因があるのか。

まあ、もう何回か通って判断しようと思います。

化調の有無は単なる事前フィルタ。
決めるのは自分がどう感じたかですから。

今回のは単なる気のせいだったってオチだと良いな。

 

ラーメン と スタバ

堺筋本町のスタバで食後のコーヒーを1杯。

いつも梅田でカフェに入っている様に見えるかもしれませんが、たまには河岸を変えるときもあるのです。

スタバのアイスコーヒー

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください