ブロガーの「火星」はどこにあるのか?

投稿者: | 2012/04/11

「宇宙兄弟」

「宇宙兄弟」というマンガはご存知でしょうか?

南波六太と南波日々人という宇宙飛行士の兄弟のお話なのですが、とても面白い作品です。

今日は、そんな「宇宙兄弟」を読んで、ふと考えたことのお話。

宇宙兄弟 17: 紀伊國屋書店BookWeb

 

弟は月へ。そして兄は火星を目指す。

この作品の主人公二人が子供のころのくだりです。

弟が「月へ行く!」と言うと、兄が「じゃあ、俺は火星に行く!」という約束をするエピソードがあります。

その後、成長した二人。
弟は本当に宇宙飛行士になり、兄は勤めていた自動車開発の仕事をクビになります。
そこから、子供のころの約束を忘れていなかった弟が、兄を宇宙飛行士の道に誘い…

といった感じでストーリーが展開して行くのですが、詳細は実際に作品を読んでみて下さい。

iPhone/iPad アプリのKinoppy で電子書籍版も購入できます。

 
紀伊國屋書店Kinoppy 1.1.0 (無料)App
カテゴリ: ブック, エンターテインメント
販売元: Kinokuniya Co.Ltd. – Kinokuniya Bookstore Co. Ltd.(サイズ: 17 MB)
全てのバージョンの評価: (823件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

 

「ブロガー兄弟」

そんな「宇宙兄弟」を読むと、私はもうひと組の兄弟を思い出します。

そう。
それは、この兄弟。

ブロガー兄弟

人呼んで「ブロガー兄弟」です。

兄@goryugo さん(左)と、弟@nori510 さん(右)は、どちらも有名なブロガーさんです。

そして、兄の@goryugo さんは弟の@nori510 さんに、何故か「先を行かれている」という感覚を持っているご様子。
そのへん「宇宙兄弟」の兄、南波六太と同じですね。 *019割ネタです。失礼ご容赦下さい。@goryugo さん。

 

ブロガーにとっての「月」と「火星」

こんな感じで「宇宙兄弟」と「ブロガー兄弟」を、つい対比してしまうのですが、
そうなると気になるのが以下の2つ。

「宇宙兄弟」の主人公二人は、それぞれ「月」と「火星」を目指します。

では、ブロガーにとっての「月」とは?
そして、ブロガーにとっての「火星」とは?

それを、ぼへーっと考えておりました。

 

ブロガーにとっての「月」

ブロガーにとっての「月」について考えたとき、
私の頭にすぐ浮かんだのは「本の出版」でした。

選ばれたブロガーだけが至れる領域。

いかに面白いブログを書こうと、機会に恵まれなければ至れない場所。

月=出版、という図式はそんなに悪い例えじゃないと思っています。

Amazon.co.jp: たった一度の人生を記録しなさい 自分を整理・再発見するライフログ入門: 五藤隆介: 本

ちなみに、弟が先に月に降り立った「宇宙兄弟」と異なり、
「ブロガー兄弟」は兄@goryugo さんの方が、ちゃんと先に月(=出版)に辿り着いています。

 

ブロガーにとっての「火星」

ここに来てようやく今回の記事のタイトルにつながります。

「宇宙兄弟」の作中でもそうですが、「火星」は人跡未踏の地です。
まだ誰も降り立ったことのない未知の憧れです。

では、ブロガーにとっての「火星」ってどこでしょう?

まだ誰も辿り着いていない、ブロガーのフロンティア。
「ブロガーの火星」について、あれこれ考えてみました。

火星

 

起業?

「ブロガーの火星」について考えたとき、最初に浮かんだのは「起業」でした。

ブログを書くことで生活している「プロ・ブロガー」の方はいらっしゃいますが、
皆さん個人の生業として行われているご様子。

これを、個人でなく企業として…と考えはじめた瞬間に思いました。

「これはちがう」と。

 

ブロガーはもともと、自分のブログの「経営者」です。

それが「起業」するのは、おそらく単に経済的な理由からであり、
未踏の地を求めてではありません。
それはきっと、結果ではあっても、夢ではないでしょう。

そう考えると、「起業」は「ブロガーの火星」ではありません。

 

TV番組?

ライフログが注目されてきた流れもあり、TV出演を果たすブロガーさんも増えてきました。

最近だと、@mehori さんや@goryugo さん、@nori510 さんも出演経験者ですね。

今のところ@mehori さんが番組内にコーナーを持たれているのが最も大きい枠だと思います。

これがもし、自分がパーソナリティを務めるTV番組を持てばどうでしょうか?

個人メディアからマスメディアへの到達。
ブロガーは、とても大きな舞台に立つことになります。

 

やっぱり違うという気がします。

ブログの良さは、先にも述べましたが「自由」にあります。

マスメディアはたしかに強い影響力を持ちますが、その分よけいな「縛り」が多いはず。
それはブログから派生した結果ではあっても、目指すフロンティアではないでしょう。

「TV番組」も「ブロガーの火星」ではありませんでした。

 

では「ブロガーの火星」はどこに?

あれも違う、これも違う。

じゃあ「ブロガーの火星」ってどこよ?
という話になるのですが…

そんなのわかりません。

だって私は、出版やTV出演どころか、
日々のブログ更新すら、ぴーぴー言っているマイナーブロガーなんですから。

しかし「ブロガーの火星」がどこにあるのか?については、大いに興味があります。

ブロガーと呼ばれる人がどこまで行けるのか?

ただの野次馬的な興味かもしれませんが、そこを是非、見てみたいのです。

 

この記事を読まれたあなた。
あなたは「ブロガーの火星」はどこだと思いますか?

 


 

脚注

01 9割ネタです。失礼ご容赦下さい。@goryugo さん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください