日刊 あおのうま Vol.2346(2017.09.03)【4GBの壁】

投稿者: | 2017/09/03

exFAT と USB起動

GPD Pocket のOS をUbuntu16.04 からWindows10 Professional に置き換えようとしましたが、上手いこと行っておりません。

まずMicrosoft のサイトからWindows10 のISO イメージをダウンロードして、これをUSBメモリに移そうとしたのですが、ファイルサイズが4GB を超えているとかで蹴られます。

いわゆる、従来のWindows ディスクフォーマットであるFAT32 では4GB を超えるファイルサイズを扱えないのですね。

NTFS フォーマットが出来れば良いのでしょうが、Mac での作業なのでそうも行かず。
仕方なく4GB超のファイスも扱えるというexFAT 形式でUSBメモリをフォーマット。
どうにかWindows10 のISO ファイルを移すことができました。

と・こ・ろ・が。
いざインストールしようとBIOS 設定画面からUSBメモリを起動ディスクに選ぼうとしても、肝心のUSBメモリが起動ディスク候補に出てきません。

どうやらexFAT は起動ディスク向けフォーマットとして不適切な様です。
正直、詰みました。orz

こうなると、あとはMac でNTFS フォーマット可能なツールを探して、USBメモリをNTFSフォーマットしてみるぐらいかなあ。

Microsoft もISO サイズはもうちょっと考えて配信してくれないかしわ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です