日刊 あおのうま Vol.839(2013.03.05)【時おり考える】

投稿者: | 2013/03/05

タスク と メタデータ

「タスク」というものの性質を考えると、ある程度定型の情報要素を持つことに気付きます。
いちばん解りやすいのは5W1Hと呼ばれる項目でしょう。

いつ、誰が、何を、どれだけ、どうする、何故。
といった項目は、どの様なタスクであろうと持っている情報です。

他にも、制約条件(コンテキスト)や予定と実績等、あれこれと構成要素が浮かんできます。

そこから考えると、どんなタスク管理ツールでも共通して使えるメタデータを定義できるのではないでしょうか。

そして、それをタスク管理ツールにおける共通のメタデータとして利用できれば、ツール間のデータの受け渡しや転用がやりやすくなり、もっと便利になりそうです。

と言いますか、既にISOやJISやANSIやRFCみたいな規格があっても良さそうなものだと思うのですが、無いものでしょうかね。

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください