[jQuery] JSON文字列をパース(構文解析)する

投稿者: | 2011/07/28

前の記事のおまけ。

JSON文字列を、ちょー簡単にパース(構文解析)して利用する方法。

Ajaxを使ってCGIを呼び出してJSON文字列を受け取り、それをパースして利用する。
jQuery1.4以降が必要。

// JSON取得関数(単に「JSONおくれ!」って言う関数なので、何でもええです。)
function get_JSON(where_string)
{
	// JSON生成CGI(別にCGIに限らすJSONを吐き出す相手)
	var cgi = "http://host/cgi/create_JSON.pl";
	var qs = "?WHERE_STRING=" + where_string;
	// JSON取得
	var JSON = $.ajax({
    	type: "POST" ,
    	url: cgi + qs ,
    	dataType: "json" ,
    	async: false
	}).responseText;

	return JSON;
}

// JSON文字列を取得
var json_text = get_JSON("hoge");	
/* JSON文字列の例 */
// '{ "field1":"hoge", "field2":"fuga", "field3":"piyo" }';

// jQueryのparseJSONを使って構文解析(ここからが肝)
var my_JSON = $.parseJSON( json_text );

// JSONから自由に値を取り出し可能(例は"field3"の値である"piyo"を取得
alert(my_JSON.field3); // piyo

面倒くさいJSONやXMLのパース(構文解析)もjQueryなら、とても簡単。
みんな使おうjQuery。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です