日刊 あおのうま Vol.255

投稿者: | 2011/07/28

未読と二次情報

人様が書いた本への雑感に対して、
自分はその本を未読なのに、思ったことを書いちゃうってのは良くなかったかもしれない。
つか、たぶん良くない。

先方はちゃんと本を読んでの感想。
自分は単にタイトルと周囲での扱われ方を元にした二次情報のみに拠った感想。

そもそもステージが違う。

本意と推察

おそらく、記事の本意は「違和感」を「周囲の反応」に感じた事に拠ると思う。
しかし、一読した限りでは「本の内容」に「違和感」を感じたようにもとれてしまう。

本当のところがどこにあるのか?
これは書いた人にしかわからない。
機会があれば、聞いてみよう。

きっと面白い話が聞けるに違いない。
勝間さんの本の時もそうだったからね。

できれば、それまでに自分でも読んでおきたいなー。

傾向と偏向

久々にプログラムに関するエントリーをメインブログに書いた。
内容的には単なる備忘録で、誰の役に立つとも知れない程度の記事だけれど、
あれも確かに私を構成する偽らぬ側面。

そう思うと、少しだけ気が楽になった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です